食後の放心

raamenn.jpg
むかしより胃袋が大きくなったのか、入れようと思えばいっぱい入るようになりました。
最近よく、ジャンク品のカメラに生えてたカビを削ったり劣化した部品を取り替えたりして、また使えるようにしようと素人ながら試みています。ネットでいろいろ調べてみると、猛者は全部分解してハンダ付けとかもしているようで、奥深い世界を少しのぞいた気がしました。
「分解はちょっと無理かも・・・」と思いつつもファインダー内のゴミが気になったので上蓋のネジを外して清掃してみたのですが、完璧とはいえないまでもきれいになって興奮しました。でも中の古びた部品を見たらカメラ的にはかなり無理してるように見えて、やっぱり、現在の時代の道具を使うというのが自然なのかな?とも思いました。
しかし、デジタル・ネイティブと呼ばれる世代の自分としては「電池がなくても使えるカメラ」というのにはちょっとびっくりしました。万年筆とか老眼鏡みたいな存在感(道具感?)に胸を打たれてしまいます。