友達の赤ちゃん

160504_baby.gif
友達の家に赤ちゃんを見に行ったのですが、赤ちゃんはミルクを飲んでいる間、お母さんのことをじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと見つめていて、赤ちゃんとお母さん以外立ち入っていけない雰囲気を感じました。
赤ちゃんのカカトがプニップニで、一度も地を踏みしめたことがないってすごいなと思いました。
昨晩「アイズワイドシャット」を観たのですが、長さにぐったりしながらも、見終わったあとは納得と謎が入り混じった悪夢のような不思議な気持ちになりました。
あと、ちょうど『仮面劇を作る』というグループ課題の最中なのですが、仮面の不気味さを知りました。
最近、世の中の作家的な人たちは、なぜ常に集中力と探究心を絶やさないんだろうかと謎に思います。
しかし『平穏な気持ちのとき、どうやって作る気を湧かせるか』については、もう無理矢理軌道に乗せてしまうしかないという気がしたので、手をつけないといけないことに明日から立ち向かおうと思います。