Strangelove

6月13日にStrangeloveというイングランドの映画祭で、新千歳空港国際アニメーション映画祭の日本グランプリ枠で『性格変更スクール』がオンライン上映されていました。Strangelove Time-Based Media Festival

過去作はすべてVimeoで公開しているので、なんだか上映料をもらってオンラインで上映してもらうのが申し訳ない気もするのですが、過去作がいろんな国の人に向けて上映してもらえるのは本当に有り難いです。その一方、評価されているのが学生時代の作品ばかりなことに日々焦りを感じていて、早く新作を完成させなきゃとプレッシャーもひしひし感じています。

wip

今日は動画作業に飽きたのでルック的な部分のイメージ作りをしていました。
ビジュアルを決めるのが苦手なので、ここはこうだからこう…と全てを理屈で決めています。

アニメーション制作は背景、動画、サウンドなど、複数の皿を同時に回す皿回しのような行為だなと思います(あたしンちの受け売りですが…)。
個人制作のため時間はかかりますが、前述の通り焦っているので、もっとハイペースに制作できるよう、ちまちました工夫を重ねる日々です。

 

最近の悟り… ネガティブな思考に襲われたら、「出た」と思って相手にしない。(ファミレスで手帳に描いた漫画)

 

仕事情報

CLIENT WORKのページに一件追加しました。
https://pikopon.net/client_works/

1月頃に、レンタルカーリースサービスの「カルモくん」という企業キャラクターのキャラクターデザインをさせていただきました。
自分らしい絵柄やキャラクターで仕事させてもらえる機会は貴重なので、やりがいがあって楽しい仕事でした。

↓CMで使われたパペット、再現度が高くてかわいいです。

 

 

おトクにマイカー定額カルモくん

歯の矯正が終わった

2年前から歯列矯正をしていたのですが、先日ついに矯正装置を外すことができました。
装置のついてない歯はとても磨きやすくて感激しています。

 

ビフォーアフターを描いてみました。(写真だとグロいため)

Beforeで歯が足りてないのは、治療のために歯を抜いた直後だからです。
なんと左右上下4本、親知らず3本の合わせて7本抜歯しました。歯を動かすことも鬼のように痛かったのですが、抜歯が一番アクロバティックでした。毎週歯を抜きに行き、血に染まったガーゼを噛み締め、夕立に打たれて泣きながら帰った思い出があります。抜歯していた時期は、薬物中毒者のようにバファリンを飲み続けていました。

特に動いたと思う歯に色を付けました。私はもともと上の前歯の後ろに重なって歯が生えていたため、歯ブラシが届かなくてうまく磨けなかったのですが、矯正したおかげで思い切り磨けるようになりました。噛み合わせが改善されたことにより、受け口気味だったのも治り、食べ物も噛みちぎりやすくなりました。(さらに志望校にも合格し、彼女もできました、などと続きそう)

装置が取れても、今度は歯の周囲の骨を固めるための別の装置をつけなくてはいけないのですが、ひとまず取れた喜びにひたりながらガムや硬い肉などをたくさん食べたいです。

短パン着こなし術

HOW TO GET SIX PACK

 

急に夏が来たので、短パンを買い、いそいそと履いてみたら思っていたよりもわんぱく少年感が出てしまい、Pinterestなどで「短パン 大人 コーディネイト」等と調べつつ、恐る恐る履く日々です。衣食住において「衣」をないがしろにしがちな私ですが、たまには勇気を出して服を買い、頭脳を使って着ないといけないと思いました。

最近このままずっと家にい続けたら、とっくに戦争が終わったことに気づかずにジャングルで頑張り続けていたところを発見される日本兵のようになるのではないかと思い、たまに様子を伺いつつ外出しているのですが、閉店しているお店が多い分、開いているお店にお客さんが集中している気がするので、早くどこも再開されてほしいものです。再開されたら、いの一番に私は世界堂に走り、ない絵の具を買いたいと思います。あと絵具皿がなくてサバ缶で代用しているので、絵具皿も…。

 

ポスターカラー

最近描いている背景の一部です。
Blenderで動かしたモデルを連番で出力してポスターカラーで仕上げました。

緊張しながら描いた絵を床に置いておいたらルンバに吸われるわ、うさぎに食われるわで早々にやり直し確定になったのでかえって気楽に描けるようになりました。自然光の方が描きやすいので18時ぐらいまでしか作業できませんが、それでも日が伸びたことを実感します。

毎日家でお菓子ばっかり食べているせいか肌がゴワゴワしていて、鏡を見ると悲しくなります..。