アマビエ

アマビエのブームがもう終わったかもしれない中、初めて描いてみました。

ひたすらどうぶつの森をやっているのですが、期間限定のアイテムを入手するために魔が差して一度だけ裏技を使ったら、ストーリーが急速に進行して一瞬でクリアしてしまい、あまりにも情緒のない終わり方に裏技を使ったことを後悔しました。でも悲しみと引き換えに崖を作ったり川を埋め立てることができるようになったので、変わらず遊びたいと思います。

先日Amazonでうっかり怪しいマスクを買ってしまい、待ち続けても届かない事件に遭いました。(同様の詐欺が多発しているらしく、後日返金されました。)火事場泥棒には暗い未来が待っているといいなと思います。その後「手作りマスクを作ろう!」と思い立ち、ネットのタイムセールでガーゼ生地を買おうと待ち構えていたのですが、開始2秒ぐらいで売り切れて全く歯が立たず、悔しいので転売ヤーのブログを読んでタイムセール必勝法を学んだりしましたが、闇を覗いた気がしてやめました。別の柔らかそうな布を注文しました。

映画祭なども中止になりそうな中、作品を作るモチベーションを保つのが大変ですが、いつか開催される日に向けて手を動かすことで希望を持てる気がするので、あまり悲観的にならず淡々と過ごしたい気持ちです。

(決意表明以外のブログの締め方がわからない)

春は淡々と来ているね

今日は気晴らしに6日ぶりに外出して近所に散歩に行ったのですが、休校中の子供たちが小川で楽しそうにキャッキャと遊んでおり、殺伐としたニュースやSNSとは別世界のようでした。どうぶつの森ばかりやっているせいか、外の世界は本当にどうぶつの森みたいだなと思いました。

最近の悩みなのですが、SNSで誰かへのフォローが自分の意志に反して外れていることがあり、気づき次第慌ててまたフォローするのですが、相手は「ん?外してまたフォローしてきたのか?陰湿なやつだ」と感じるかもと思い「なぜかフォローが外れていて申し訳ない」という旨のツイートとセットで再フォローするのですが、そんなことをしている自分がせこく思えて落ち込みます。なぜ落ち込むのかというと、相手からしたら全然大したことじゃないのに一人で慌てている可能性がなきにしもあらずのため、自分がバカみたいに思えるからだと思います。わざと外したんでしょと言われたこともありますが、ほぼわざとではなく、万が一それで人間関係にひびが入ったら怖いな〜と思います。(外れていた方、すみません)

家から出ない日々の生活で個人的に着替えが一番めんどくさいのですが、最近編み出した着替え術は「下着とレギンスで眠り、起きたら前開きのなにかを羽織る」スタイルです。これにより、着替えの中でも最も億劫な「脱ぐ」という作業を朝に行う必要がなくなる上、下は24時間着たきり雀で大丈夫なのでハッピーです。暖かくなってきたからこそできる技だと思います。

免許を得たぞ

先週、ついに車の免許をゲットしました。悔しくて教習所で泣いたこともありましたが、なんとか取れてよかったです。
春休みで免許センターが混んでいて交付されるまでに6時間もかかってしまったので、お詫びに売店で夫にヨーグレットを買ってあげました。

読み返すと、そんなに葛藤するほど難しい内容だったっけ?と思いますが、とにかく教官の声量とイライラした態度が恐ろしくて、ちょっとしたことも難易度が高く感じていた気がします。苦手な教官には共通して『自分の説明がわかりづらい可能性は全く考慮しない態度』がありましたが、ずっと同じ内容を教え続けてると虚しくなってきてニヒリズムに陥るのかな〜などと思いました。

丸さ

昨日、うさぎ専門店に行き、ネザーランドドワーフ(ハーフではない)の横顔の丸さと短さに衝撃を受けました。
ぴこたんはネザーランドドワーフとミニウサギのハーフなのですが、これまで丸い丸いとは思っていたものの、純血のネザーと比べるとやや顔が長くて凛々しさを感じ、やはりミニウサギの血が入っているんだなと思いました。

無一文の春

お金って、急になくなるな…と思います。実家を出て自立して以来、たびたび危機に陥り、その度に何かによって救われてきました。でも、こういう時こそ強気でいないといけないなと思います。

シリアスに家計簿と向き合っていると「なんか、結婚する前と後でお金の不安感が変わらない…。ピンチになるたびに収入の高い夫に助けてもらうのでは、どんどん私が乞食みたいな卑屈なメンタルになっていく…」という思いに駆られ、夫婦で財布を一緒にするのはどうか?と夫と話し合ってみましたが、それはそれで窮屈そうなのでひとまず見送ることになりました。

最近『夜と霧』という本を読んでいるのですが、収容所に入れられる時には結婚指輪すら持つことが許されず、身ぐるみ剥がされたと書いてあり、私はやりたい職業を選んでいるし、明日の命があるかなんてこととは無縁なのでイージーな人生を送っていると思いました。お金以外にも面倒ごとはありますが、大抵は一晩寝ればどうでもよくなるし、執着は捨てようと思いました。