モミモミ

いま作っている新しいアニメの一部です。ブライダルエステに通う主人公です。

先週、実家でかわいがっていたインコが忽然と行方不明になってしまい、悲しむ親を見ていると心が痛いです。逃がした犯人はおそらく(認知症疑惑のある)おばあちゃんなのですが、本人はまったく悪びれる様子がなく「〇〇(母)がゴミと一緒に出しちゃったんじゃないの?」などと暴言を吐いては家族の神経を逆撫でしており、長生きする意味ってなんなんだろうと思ったりしています。

迷い鳥のチラシを作って、微力ながら市民掲示板などに張るのに協力したりもしていますが、今までひとのペット迷子のチラシを「ふーん」という気持ちで見ていたけれど、飼い主は悲痛な思いで捜索していたんだな…と思いました。多分、自分もペットを飼ってなかったらこんなに辛い気持ちがわからなかったかもしれません。

お年寄りが運転ミスなどで誰かを傷つけても、やった本人はおばあちゃんと同じように悪びれないのかもと思うと自分も殺されないように気をつけようと思うし、ボケ気味のお年寄りは悲しいけど行動を制限されないと危ないな…と思います。

コミティア130に参加したよ

ブログで告知するのを忘れてしまっていたのですが、今日開催されたコミティア130に参加してきました。
『手帳は友だち』という本と、ウサギのワッペン、水彩で描いた絵のシールを売りました。

『手帳は友だち』は、自分が今まで愛用し、使い倒してきた手帳の写真集です。手帳マニアの人にしか響かないかも・・・と少し不安でしたが、予想していたより多くの方に買ってもらえて嬉しかったです。

同人誌即売会に参加すると、完全なオタクにもなれず、おしゃれっ子にも、ユーリノルシュテインみたいにもなれない自分はなんて中途半端なんだ…と思うのですが、以前、就活や、フリーランス一年目などのタイミングで「セルフプロデュース」とか「ブランディング」みたいなことについて考えた時、わからなすぎて頭が痛くなり、大人なのにジョナサンで泣いたことがあるので、あまり深く考えるのはやめようと思いました。

冊子とか印刷物を作って対面で売るのってクセになりそうな楽しさがあり、次に作りたい本のイメージがどんどん湧いてきました。2月のコミティア131も参加したいと思います。あと、本やグッズの在庫がまだあるので、近々通販ページもオープンしようと思います!準備ができたら公開するので、その暁にはぜひご覧ください。

最近、突然「車の免許を取らなければ」という使命感に目覚めたので、あさってお金を握りしめて教習所の扉を叩く予定です。(教習所に「キャッシュレス決済で5パーセント還元」と書いてあるのを見て少し気持ちがしぼんだ)

近所の道がせまいので、できる限り小さな車だけを運転していきたいです。

パステルで描いたうさぎ

最近、アニメの背景をパステルとポスターカラー(たまにエアブラシ )で描いています。デジタルだと、いろんなブラシがあって迷ってしまうのと、拡大できるために細かく描きこみすぎてしまうのですが、アナログだと潔い気持ちで描けていいです。

アスファルトっぽいテクスチャーを作りたくて、絵の具がついた筆と何もついてない筆を打ち合わせて飛沫を散らす方法で点々を描いたのですが、白い絵具だったせいで「髪にフケついてるよ・・・」と言われました。

退会だっちゅうに

先週、すっかり通わなくなってしまったスポーツクラブを退会しに行ったのですが、受付の女性にこんな感じで引き止められていやだな〜と思いました。

最後に引き止めて悪い印象を残すだけ損な気がするし、なぜ、見ず知らずの人にそんな私的な領域に踏み込まれないといけないのか…と思いました。

最近、母とお茶した時に母から「私と同い年の時に私を生んだ」という話を聞き、その時はへ〜と思ったのですが、帰宅後わりと心が重くなっていました。

服とかも目の前で売り切れたら強烈にほしくなったりするように、いざ子供を作ろうとして意外とできないことがわかったら強烈にほしくなるみたいな話を聞くので、みんな自分の経験から善意で言うんだろうな〜と思います。(もしくは、結婚と出産はセットと思ってる純粋な心から)

でも、子供ができたら私も子持ちの人がみんな持ってるあのふかふかしてそうなおんぶひもを買い、ママバッグをしょい、休日のイオンで阿鼻叫喚に陥るのか…と思ったら、なんかゾッとするのです..。(いつかこういうのも、子なし時代はあんなこと言ってたな〜、なんて振り返るのかもしれませんが…)

「いらない」と断言するほどほしくないわけではないし、そう言ってしまうことには罪悪感がありますが、それが生物として種を存続させんとする本能に逆らうからなのか、親への義理なのか、ほしくてもできない人に失礼になると思うからなのか、よくわかりません。でも積極的に超ほしい!!!というタイミングはまだ来てないという事実だけがそこに横たわっています。

友達や知り合いの子供とふれあう機会があると、こりゃ一番大事な存在になるだろうな〜と納得するかわいさがあるので、『産めばわかる』という理論(?)もわかるのですが、今やりたいことを出産・子育てよりは大したことないことみたいに扱われるうちに自分でもだんだんそんな気がしてきてしまうのが辛いので、やっぱりこれはセンシティブな話題だよと思いました。

秋晴れだ

こういう、正面から見た指差してる手が描けなかったので練習しました。

昨日は久々に晴れだったので、ぴこたんと夫と近所の公園に遊びに行きました。
広い公園に大はしゃぎで走り回っていてかわいかったのですが、途中、はしゃぎすぎてハーネスが脱げて裸になってしまい、血の気が引きながら追いかけました。全力で追いかけると全力で逃げるので大変でした。