ムゥジかぁ
2015.04.13

150308_heiya.jpg

最近、15秒のCM用アニメーションをひたすら描いていたのですが、昨日がその〆切だったため、交代で寝たりしながら必死にがんばりました。
自分の作業のいろいろな甘いところを指摘され、いろいろな気持ちになりましたが、自分の力だけでは無理なクオリティの高いアニメができました。まだ修正があるとは思いますが、オンエアが今から楽しみです。
初めてけっこう自分に責任がある感じの仕事をやらせてもらって、足りない部分や、ここは貫きたいよと思うところなどがなんとなく感じられてよかったです。

大学受験の時、個人的にデッサンを見てもらっていた先生に、受験デッサンへの文句(どうせ手前のモチーフはやわらかい鉛筆でグリグリ描いて、奥はかたい鉛筆でファーっとさせるんだろ!?という、流行りの傾向に対する反感)をぶつけたら、「文句は受かってからお言いよ。」と言われたことがあるのですが、そのことをなんとなく思い出しました。













« 無駄な攻撃はしない方がいい - Home - 日々のアニメーション »