マーニーと殺し屋1
2014.09.02

140902naiteruko.jpg

思い出のマーニーを観ました。
現実のシーンと夢の中のようなシーンが代わる代わる来て、ほんのり恐怖と切ない気持ちが残りました。

杏奈が社会の中でグギギとなっている気持ちがとてもよくわかりましたが、千と千尋の神隠しの千尋もそうなのですが、陰のある主人公が何かのために奔走しだすと置いていかれたような気持ちになります。

殺し屋1という映画も観たのですが、ほとんど目を細めて観ざるを得ず「さすがR-18!」と思いました。














« ケーキの上で - Home - 何の秋にしようかね »