散歩
2014.06.03

arama.jpg

今日は休みだったので近所を少しさまよいました。
DVDを3本借りて、そのうちの一本『あの夏、いちばん静かな海。』を観たのですが、切なくてしばらく余韻が残りました。みかん女がむかつくけど悲しかったです。

最近、前に変態アニメーションナイトで知ったピーター・ミラードの作品を見ているのですが、最初は「?」という感じでしたが行き詰まっている時に見ると、理屈じゃなく爆発してる感じがすごいなと思いました。一生あの作風で行くという覚悟も、なんだかすごい・・・。













« 摩訶不思議だけど、摩訶不思議じゃなかった - Home -  »