克己心
2014.03.08

onagooo.jpg

昨日は梅を写真におさめるため、雪の中自転車を走らせたら寒かったです。

『ヴァージン・スーサイズ』という映画を見たのですが、落書き風のイラストや手書き文字、畑(?)でビキニ姿で飛び跳ねてるシーンなど、ガーリーポップ感にあふれていましたがストーリーは絶望的で、ラックスという女の子がすごくかわいそうでした。「相手の人勝手だ・・・でもこういう人いるのかなあ」と思いました。
女の子が妖精みたいに描かれているのですが、あの5人がゼログラビティの世界にいたらポエムと共に、序盤で消えてしまいそうです。

昨日母の太極拳の稽古をのぞきに行った時、年配の方が生き生きと練習している様子に『毎日を楽しむ力』みたいなものを感じて、妖精じゃない人は面白い方がいいなと思いました。













« 一年の時の英語のノート - Home - パソコン兄弟 »