父の読んでいた本
2014.02.06

sr.jpg


予備校時代、石膏デッサンでいつも形が狂って苦しんでいましたが、比率を取るのが未だに苦手です。キャラクターが遠くから歩み寄ってくるシーンを描いているとき、動かしてみると1コマ目から最後にかけて頭がだんだん小さくなっていき、『人類の進化』みたいになったりします。

この前、母が借りてきたカッコイイおばあさんがたくさん載ってる写真集を見て感銘を受けました。どのおばあさんも自分らしい格好をして充実した感じで、もっと年を取ってオロオロし始めたらまた読みたいです。

昨日ゼログラビティを見たのですが評判通りパネェと思いました。劇場公開が終わったら家でしか見られないなんて・・・。














« あの夏の遭遇 - Home - 雪雪雪 »