そばにおいて・・
2010.04.22

100422_1939~01
100422_1940~01
このパッケージ、なんだか愛着がわいてしまいます。
ふたが完全に閉まらなくて、ちょっと首が浮いてる感じなのが
なんとも言えない感じですね。

今日は干ししいたけの拡大着彩をやったのですが、
今まで描いたモチーフの中でいちばんくさかったかもしれません。
生魚を描いたときよりも「うっ・・」となりました。











« 不測の事態 - Home - 宝島・・それは古本屋 »