おしゃれ考
2016.08.31

最近、物欲がすごいので「ファッションとは何か」について考えていました。

街で素敵な人を見かけたとき、「あんな人になりたいな〜」と思いますが、
冷静に考えてみると、その人はその日だけ素敵な服を着ていたのかもしれません。

160831_oshare1.jpg

あるブランドのコンセプトに「洋服とは、空間的で劇場的な商品です。すべての場、すべての状況は、ファッションがあれば、劇場として完成しているのです。ファッションは、あらゆる場所を劇場にします。」と書いてあったのですが、ほとんどのすれ違うだけの人に対して全力を傾けるのはなんだか虚しい気がします。
それに、その日晒した一瞬が素敵だったとしても、その他のほとんどの時間でドブのような姿をしていたとしたら、自分に本当に自信を持つことはできない気がします・・・。

160831_oshare3.jpg

いろいろ考えた結果、「如何にしてすべての瞬間において素敵でいられるようにするか」に対する答えは、そんなポンと出るようなものじゃない気がしました。しかし、常に現状に満足できず、移動中もずっとショッピングサイトを見てしまっているような時「いまの精神は不健康だ」と思います。
(ファッションについて考えれば考えるほど、当たり前っぽい答えに辿り着くのはなぜだろう...)

160831_oshare4.jpg













« 藝祭ワッショイ - Home - たそがれ(記事の内容はいいことです) »