昼夜逆転
2017.09.23

180923_rakugaki005.jpg

卒業制作の中間発表まで一週間を切ったのもあり、昼夜逆転がすごいです。
近所の子供が学校に出発する「行ってきまぁす」という声と共に眠り、帰りの会が行われているであろう時間に起きています。

毎日のノルマが一日4〜6カット終わらせないといけない感じなのですが、自分で自分に命じているのに「俺に指図するな」という心境になってしまい、あまり進まないことがあるので、日々のToDoをこなすというよりも全体像をみて必要だなと思ったところに手を入れる方が、なんとなく進みがいい気がします。

あと、最近「気圧」が作業の進み具合や体調とかなり深い関係があることに気づきました。携帯に毎日の気圧がわかるアプリを入れて、なんか吐きそうな気持ちだなぁと思った時に確認して「やっぱり」と思うのですが、だからといって特に対策を取ることもできず、自然に対する不可抗力を感じます。











ICAF2017
2017.09.15

180915_rakugaki.jpg

9月15日(金)〜18日(月・祝)まで国立新美術館で開催されるICAF2017にて、1年次制作の『死ぬほどつまらない映画』が上映されます。
http://www.icaf.info/icaf2017_index/2017_pvtop/2017_geidai(18日、14:40〜 D2プログラム)

先日藝祭にて、アニメーション専攻の上映会場でドア係をやっていたのですが、予想以上に大盛況でびっくりしました。
来て下さった方、Web拍手に温かいコメントを下さった方、ありがとうございました。

藝祭の帰り道、新宿で万年筆のペンクリニックが催されるというので寄り「ペンクリニックはやっていますか?」と聞いたら「一年に一度しかやらない催しで、先月終了しました」との答えで、「・・・」と思いました。
しかし、ダメ元で調整を頼んでみたら無料でやってもらえて、その結果、書き味が全く違うものになったのでとても満足しました。

「実は墨汁入れちゃって...」と言ったときの店員さんの反応↓
180915_rakugaki3.jpg












万年筆の出が悪いンゴ
2017.09.06

去年制作した大学院の一年次制作「死ぬほどつまらない映画」が、新千歳空港国際アニメーション映画祭の日本コンペティション部門にノミネートされました!
去年初参加して、食べ物はおいしいし北海道なのに寒くないしで大好きになった映画祭なので、今年も参加できてとても嬉しいです。全力でエンジョイしてこようと思います⛄️
http://airport-anifes.jp/competition/nominate/


170906_web_004.jpg

170906_web_001.jpg

170906_web_003.jpg

170906_web_002.jpg

最近、自分の中で空前の文房具ブームが来ています。
その流れで、万年筆の書き味というものが急に気になりだしてきたので、お手頃価格の定番らしき一本を買いました。

届いて早速、意気揚々とインクを入れて書いてみたのですが、つけペンのように黒々・スルスル描けるものかと思っていたのに、カスカスするしあまりなめらかに書けない現実に直面しました。

きっとカートリッジのインクとの相性が悪いんだろうと思い、コンバーター(ボトルからインクを吸入する部品)で家にあった墨汁を吸って書いてみたのですが、黒々はしたものの書き味はイマイチでした。
その時ふと「墨汁、使っちゃダメだったらどうしよう」と一抹の不安を抱き、調べたら『絶対にやめましょう』と書いてあったので、急いでぬるま湯につけて洗いました。
買ったばかりの万年筆をいきなり窮地に晒してしまったので、やっぱり入門編から初めて徐々にステップアップしていくのが正解なのかもと思いました。要練習ですが、理想の書き味を求めて使い込んでいきたいです。

いろんなものにハマるたびに、どんな分野でも名品と呼ばれるものがあり、すごい愛好家がいるんだな〜と思います。