OTANOSHIMI THINGS
2016.09.26

160926_aaa.jpg

最近食事を作るのが辛く、毎日毎日お腹がすくたび恨めしい気持ちになります。
しかし、冷凍食品を多用した手抜きごはんは何か、心に空っ風が吹くような味がします。
頑張って3品できればグーという感じの速度なので、「作り置き」というものをやろうかな〜という気がしなくもないのですが、
食に対してそんなに時間をかけるのがもったいない気がしてなかなか実行できません。

連日長考していた冬物のコートをついに決め、ポチーーーーとしました。
そのコートが届く日と、亜人の映画を見に行くのとUNIQLO Uの発売が楽しみでしょうがないです。
(なぜユニクロの新ラインが出ることがそんなに楽しみなのか自分でもよくわからない)

作業中に亜人と「ごっつええ感じ」を見すぎて、見尽くしてしまった今、なんか何を見たらいいのかわからずとりあえずショッピングサイトを巡回しています。
数年前に川越で食べて感動した糖衣ラムネ(固め)の1キロパックが楽天市場で売っていたので、
バイトのお駄賃(?)に買ってもらったのですが、それの到着もめちゃくちゃ楽しみです。














アヒル風呂
2016.09.23

160923_hiyoshiyu.jpg

少し前に母と近所のスーパー銭湯に行った時、お風呂一面にアヒルが浮かんでいて笑ったのですが
今日行ったらもう浮いておらず、あれは何だったんだ・・・と思いました。

最近、小学生時代の愛読書「ハムスターの研究レポート」をふたたび読んでいるのですが、
私も赤ちゃんハムを母の元へ転がすために木のスプーンを作ったり、ハムスターフードをやわらかく煮たりしたいと思いました。













途中経過
2016.09.19

160919_37.jpg

制作がやばい感じなのですが低気圧のためダラダラしています。
「一つの工程を完全に終えてから次の工程に移る」というやり方が向いてない気がします。

途中経過を見せた人から「前のほうがよかった」と言われたのですが、
前回のバージョンは自分が理解できてない感じだったので、よくわかってない物が万が一評価されてしまってもあんまり手応えがない気がするので、心は揺れませんでした。
でも、その人は前のバージョンをものすごくほめてくれていたので「ごめん」と思いました。

160831_oshare2.jpg

あんず油を使い切ったので、椿オイルヘアクリームなる物を使ったら髪がギシギシになって腹が立ちます。

3ヶ月ぶりに美容院に行き、伸ばし中なので整えるだけにしたら当たり前なのですがほとんど変わらなかったので、美容院に行ったことは忘れようと思いました。
ショートカットのモデルなどは二週間に一度行くらしいと本で読んだのですが、維持したいと思うほど決まったヘアスタイルならいいかもしれないけど、私のように曖昧なヘアスタイルの場合、「整えてもらった」帰り道には虚しさがあるのです。

ある程度伸びてくるとこまめに手入れされたショートカットに憧れて、切ってしまうとロングヘアに憧れるというループを繰り返してきましたが、伸びるのに必要な年月を考えるとそう何回もロングヘアにできないと思ったので、今度という今度は・・・と思います。














にせヴィレヴァン
2016.09.13

161913_rakugaki.jpg

先週は、真人間になろうと誓って、平日は毎日学校に遅くまで残って作業しました。
土曜日はジブリのアニメーターの方のワークショップを学校で受け、勇気を出して作品の途中経過を見てもらったらとてもいいアドバイスを頂けて幸せな気分になりました。
日曜日は「君の名は。」を観に行ったら、周りのお客さんがあまりにもヤンキーな感じだったのでびびりました。
そのイオンシネマが入ってたショッピングモール内にヴィレッジヴァンガードのアウトレットのお店があったのですが、スカスカの部屋にゴミのような商品が全品70%オフとなって散らかっている感じの雑な店構えで、本物のヴィレヴァンなのか疑わしい気がしました。

160811-3-010-001-26.gif
160811-3-010-003-28.gif
160811-3-010-002-27.gif
↑見てもらったカットの一部













藝祭ワッショイ
2016.09.05

160905_okaimono.jpg

今日は藝祭に行きました。
院生として藝祭に参加できたことを浪人時の自分に教えてあげたい!と思うぐらい、嬉しいかなと思ったのですが、当時はなんかすごいステータスみたいな感じに思っていたのが時間経過により少しマイルドになっていて、ただ「いいなぁ・・」と思いました。

印象に残ったことは、ある展示スペースに作者が普段描いてる落書きノートが置いてあり、パラパラと中を見てみたら「ただ描きたくて描き殴っている」という感じのすごい勢いがあふれていて、身に覚えのあるなつかしさと共に「自分は今、理由がないと絵を描かなくなってしまったかも...」と少し切なくなったことです。